年賀状スルー!今からでも間に合う!年賀状から解放される方法

今年も残り少なくなってきましたね~。

先日、年賀状のやめ方という記事をアップしましたが、暮れも押し迫ってきましたので、この年末に書く年賀状で最後にしたいという方、年賀状のやめどきを考えている方へ文例などをご紹介いたします。

 

ちなみに先日の記事はこちら。

友達にはLINEやメールでの連絡で十分です。

【2022年版】年賀状のやめ方!年賀状をやめたい30代・40代の方へ 友達への文例もご紹介します
年賀状をやめるにはどうしたらいいの?デメリットはあるの?徹底解説!

 

今から考える、年賀状から解放されるには?

 

f:id:heionbujiki:20191216205742p:plain

 

その1.年賀状を出さず、寒中見舞いを出す(推奨)

 

とにかく忙しくて年賀状の準備が間に合わない、年末年始休暇は帰省や旅行などがある・・という方でも大丈夫!年賀状書かなければいいんです。しかしそれでは失礼にあたるのでは?という心配をなさる方もおられるでしょうが心配ご無用です。喪中の時には年賀状を出さずに寒中見舞いを出しますよね?それと同様に年賀状を出さずに寒中見舞いを出せばよいのです。

 

寒中お見舞い申し上げます。

早々にご丁寧な年賀状をいただきまして、ありがとうございました。本年から皆様への年賀状での年始のご挨拶を控えさせて頂くことにしました。今後はメールなど(LINEやSNSを加えてもOK)で連絡させて頂ければ幸いです。まだまだ寒さが続きますが、どうぞお体ご自愛下さい。

 

その2.年賀状で宣言する

 

今年は最後の年賀状を書いて、再来年(来年の年末)から年賀状をやめたい方むけ。

 

明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。勝手ながら本年をもちまして、皆様への年賀状での年始のご挨拶を控えさせて頂くことにいたしました。今後はメールなど(LINEやSNSを加えてもOK)で連絡させて頂ければ幸いです。ご家族の皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

 

 

年賀状やめると年末のストレスが確実に減ります。デジタルな時代に無理して年賀状に縛られる必要はありません。負担になっているのでしたら思い切ってやめてみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました